緊急連絡

 現在、緊急連絡はありません。
 
COUNTER162024

検索

ご連絡先

所在地
〒350-0313
埼玉県比企郡鳩山町松ヶ丘
4丁目1番2号

電 話
049-296-5395
FAX
049-298-1011

学校代表アドレス
info@hatoyama-h.spec.ed.jp
 

校長挨拶

「生徒一人一人のよさを伸ばす」

 

 人は、一人一人がかけがえのない存在です。すべての人には、それぞれのよさがあります。やさしい人、元気な人、明るい人、落ち着きのある人、冷静な人、活発な人、まじめな人、人とすぐ仲良くなれる人、自分の道をすすむ人、前向きな人、何事にも慎重な人、・・・。鳩山高校は、こうした一人一人のよさを伸ばす学校です。

 鳩山高校は、生徒一人一人の声に耳を傾け、生徒を伸ばすために一生懸命指導にあたる熱心な先生が多い学校です。早朝から近隣の駅で指導にあたってくれる先生、毎朝、校門で生徒を出迎えてくれる先生、生徒に「わかる楽しさ」を伝えるために遅くまで教材研究に励む先生、放課後、生徒と共に汗を流し部活動の指導に励む先生など、生徒の成長のために努力を惜しまない先生方の熱気にあふれる学校です。

 鳩山高校は、自分を伸ばすために一生懸命頑張る生徒が多い学校です。朝、校門や下足室、教室のあちこちで生徒たちの「おはよう」という元気なあいさつが聞こえます。制服をピシッと着こなし、元気に登校します。部活動単位で早朝の通学路清掃を行います。昼の一斉清掃では、全生徒がぞうきんやほうきで教室や廊下、トイレ、流しなどをピカピカに磨きます。授業中は、なごやかな雰囲気の中にも緊張感をもって授業に参加します。放課後になると、グランドや体育館、校舎の特別教室などで自分の目標に向かって部活動の練習です。

 鳩山高校は、こうした熱心な先生方と一生懸命頑張る生徒の学校です。鳩山高校での3年間を通じて、生徒はそれぞれが自分のよさを見つけ、そのよさを伸ばし大きく成長します。

 鳩山高校は、県内唯一の情報管理科と普通科を併設し、就職から進学まで生徒一人一人の様々なニーズに対応できます。ここ数年、進路決定率は、毎年100%となっています。生徒の進路希望は多様ですが、企業が必要とする社会で通用する人物を育て、大学・短大・専門学校で必要とする学力を身につけさせているからです。平成26年度から、「鳩山高校ステップアッププロジェクト」を立ち上げました。「基礎学力の定着」「豊かな心の育成」「目標と職業観を持った生徒の育成」を3本柱とし、「生徒一人一人を大切にする教育」を推進しています。

 地元の鳩山町との連携も進めています。近隣の小中学校とも連携しています。近隣の大学や短大との交流も盛んです。鳩山高校は、地域の方々にとってもなくてはならない学校になります。

 

 鳩山高校は、生徒一人一人のよさを伸ばす学校です。鳩山高校での3年間を通じて自分を成長させ、地域へ、埼玉へ、日本へ、そして世界へはばたいていってほしいと心から願っています。


平成28年4月
埼玉県立鳩山高等学校長 韮塚 雄一


 

日誌

校長の今日の一言 >> 記事詳細

2017/08/01

体験から学ぶこと

| by:校長

 この夏休み、鳩山高校では様々な取り組みが行われています。

 7月27日(木)、28日(金)の1泊2日で37名の生徒が東日本震災復興ボランティアとして、福島県いわき市に行きました。現地の震災の語り部の方による講演、コットン畑での農地復興のためのボランティア作業など様々な体験をしてきました。

 7月21日(金)から7日間、延べ40名の生徒が近隣の小学校へ学習支援ボランティアに行きました。毎朝8時30分から9時15分まで、ワークやプリントに取り組む小学生の質問に答えたり、問題を解くためのヒントをあげたりしました。

 7月24日(月)から陸上部の生徒たちが、近隣の他の小学校へ水泳指導の補助ボランティアに行きました。プールでの危険がないよう見守ったり、児童たちが水に親しめるよう楽しく補助をしてきました。

 7月30日(日)には、31の中学校から300名の中学生を鳩山高校に招き、バスケットボールクリニックが行われました。プロバスケットボールチームの選手やコーチの方々が講師として指導してくださり、トレーニングのポイントや技術向上のための練習を行いました。これを陰で献身的に支えたのが本校のバスケ部員でした。来校した中学校の先生方からは、気配りの行き届いた運営に「本当にしっかりしたすばらしい鳩高生ですね。」と評価していただきました。

 7月31日(月)には、吹奏楽部の生徒たちが、鳩山高校に隣接する介護老人福祉施設「松寿園」を訪問し、日頃の練習の成果を披露しました。演奏を聴いてくださったみなさんからは、アンコールの声をかけていただきみんなの心が一つになった演奏会でした。

 8月6日(日)の鳩山町納涼夏祭りには、本校から生徒会が運営のボランティアとして参加する他、ステージでは吹奏楽部と軽音楽部が出演します。暑い中での演奏ですが、さらに熱のこもった演奏で地域の皆様を感動させてくれると思います。

 

 夏休みを利用して、生徒たちは、様々な場所で、人との触れ合いなど教室では学ぶことが難しい貴重な体験をしています。これらは、どれも生徒たちの心を成長させる貴重な体験です。

 夏休みに入り、グランドや体育館には多くの生徒が部活動で汗を流しています。一方、3年生は、会社見学、小論文、面接練習など進路を実現するための大切な一日一日です。進路室前や職員室前には、多くの3年生が真剣な顔で行き交っています。

 鳩山高校の生徒の夏休みは、様々な体験を通じての成長のための夏休みです。9月の始業式の日、一回りも二回りも大きく成長した生徒諸君に会うのが楽しみです。


15:22