緊急連絡

現在、緊急連絡はありません。
 
COUNTER223691

検索

ご連絡先

所在地
〒350-0313
埼玉県比企郡鳩山町松ヶ丘
4丁目1番2号

電 話
049-296-5395
FAX
049-298-1011

学校代表アドレス
info@hatoyama-h.spec.ed.jp
 

校長挨拶

       「自分の力を伸ばし、夢を実現する学校」
                
 
 
鳩山高校は、本年創立36周年をむかえます。県内唯一の情報管理科と普通科を併設し、就職から進学まで生徒一人一人の様々な進路に対応できる学校です。卒業後、企業が必要とする人物を育て、また大学・短大・専門学校で必要とする学力を身につけさせています。ここ数年、就職内定率は100%を保持し、進学では日本大学・東洋大学合格者をはじめ合格者数も増加しています。、昨年度は在学中に実用英語検定1級に合格し専門学校に進学後、東京外国語大学の編入学試験に合格した卒業生もいました。自分を伸ばすために一生懸命頑張る生徒が多い学校です 
 また、「ハトミライ☆プロジェクト」として地元鳩山町や近隣の小・中学校や大学・短大とも連携し、生徒会や部活動が軸になり多くの生徒がボランティア活動等をとおして地域の方と交流をしています。地域の方々にとっても鳩山高校はなくてはならない高校です。

 
 生徒は毎朝、
制服をピシッと着こなし「おはよう。」という元気なあいさつで一日が始まります。部活動単位で早朝の通学路清掃も行います。  昼の一斉清掃では、全生徒がぞうきんやほうきで教室や廊下、トイレ、流しなどをピカピカに磨きます。  授業中は、なごやかな雰囲気の中にも緊張感をもって授業に参加します。 放課後になると、グランドや体育館、校舎の特別教室などで自分の目標に向かって部活動の練習に取組みます。

 また、生徒の力を伸ばすために生徒一人一人の声に耳を傾け、一生懸命指導にあたる熱心な先生がいます。毎朝、校門で生徒を出迎えてくれる先生、生徒に「授業のわかる楽しさ」を伝えるために熱心に教材研究に励む先生、放課後、生徒と共に汗を流し部活動の指導に励む先生など、生徒の成長のために努力を惜しまない先生方の熱気にあふれる学校です。 

 一生懸命頑張る生徒とこうした熱心な先生方と3年間を通じて、生徒はそれぞれが自分のよさを見つけ、そのよさを伸ばし大きく成長します。是非、鳩山高校で
自分の力を伸ばし、自分の夢を実現してほしいと心から願っています。


平成30年6月
埼玉県立鳩山高等学校長 井上 正明



 

日誌

校長の今日の一言 >> 記事詳細

2017/11/07

埼玉・教育ふれあい賞

| by:校長

 埼玉・教育ふれあい賞は、日々の教育活動に熱心に取り組む学校や教育関連団体を表彰する賞です。鳩山高校は、今年度、この教育ふれあい賞をいただきました。ご推薦いただいたことに感謝申し上げます。

 鳩山高校では、早朝、手にバケツやビニール袋を持った生徒たちが校門を出ていきます。近隣の通学路や道路に落ちているゴミなどを拾うボランティアです。陸上競技部や野球部、生徒会、剣道部などそれぞれのスタイルでこのボランティア活動に取り組んでいます。

 長期休業に入ると、生徒会が主催する震災復興ボランティアが行われます。12日の行程で福島県いわき市での被災農地の復興や現地の高校生との交流などを行っています。現地のみなさんとのふれあいを通じて、生徒は様々なことを学び豊かな心を育みます。

 秋には、1学年と3学年による「勤労体験学習」が行われます。校内の花壇整備や清掃に加え、近隣の道路や公園などの清掃活動を行います。こうした清掃活動に加え、鳩山町の納涼夏祭りには、生徒会の生徒たちが運営補助のボランティアを行ったり、吹奏楽部や軽音楽部の生徒たちがステージで演奏を披露します。吹奏楽部は、近隣の福祉施設に、たびたび出向き利用者の方々と演奏を通じてふれあっています。地元の小学校との交流も盛んです。1111日には、鳩山町立亀井小学校で開催される「昔を学ぶ会」に演劇部と吹奏楽部の生徒が出演させていだきます。本校の生徒も小学生とのふれあいをとても楽しみにしています。

 ボランティアや様々な体験活動は、机上では得られない貴重な学びの機会です。鳩山高校では、こうしたボランティアや体験活動をさらに充実させ、豊かな生徒の心を育みます。


15:11