緊急連絡

現在、緊急連絡はありません。
 
COUNTER209365

検索

ご連絡先

所在地
〒350-0313
埼玉県比企郡鳩山町松ヶ丘
4丁目1番2号

電 話
049-296-5395
FAX
049-298-1011

学校代表アドレス
info@hatoyama-h.spec.ed.jp
 

校長挨拶

       「自分の力を伸ばす学校」
                 ~チーム鳩高へ~
 
 
鳩山高校は、本年創立36周年をむかえます。自分を伸ばすために一生懸命頑張る生徒が多い学校です。  朝、校門や教室のあちらこちらから生徒たちの「おはよう」という元気なあいさつが聞こえます。制服をピシッと着こなし、元気に登校します。部活動単位で早朝の通学路清掃を行います。  昼の一斉清掃では、全生徒がぞうきんやほうきで教室や廊下、トイレ、流しなどをピカピカに磨きます。  授業中は、なごやかな雰囲気の中にも緊張感をもって授業に参加します。  放課後になると、グランドや体育館、校舎の特別教室などで自分の目標に向かって部活動の練習です。

 生徒一人一人の声に耳を傾け、生徒の力を伸ばすために一生懸命指導にあたる熱心な先生がいます。毎朝、校門で生徒を出迎えてくれる先生、生徒に「授業のわかる楽しさ」を伝えるために遅くまで教材研究に励む先生、放課後、生徒と共に汗を流し部活動の指導に励む先生など、生徒の成長のために努力を惜しまない先生方の熱気にあふれる学校です。 鳩山高校は、一生懸命頑張る生徒とこうした熱心な先生方との学校、いわば「チーム鳩高」です。チーム鳩高での3年間を通じて、生徒はそれぞれが自分のよさを見つけ、そのよさを伸ばし大きく成長します。


 鳩山高校は、県内唯一の情報管理科と普通科を併設し、就職から進学まで生徒一人一人の様々なニーズに対応できます。企業が必要とする人物を育て、大学・短大・専門学校で必要とする学力を身につけさせています。ここ数年、就職内定率は100%を保持しています。進学では日本大学・東洋大学合格をはじめ合格者数も増加しています。、昨年度は在学中に実用英語検定1級に合格し専門学校に進学後、東京外国語大学の編入学試験に合格した卒業生もいます。


 地元の鳩山町や近隣の小中学校とも連携しています。生徒会が軸になり多くの地域の方に御協力いただき「ハトミライ☆プロジェクト2018~30年後に地元鳩山を桜の名所へ~」を開催しました。近隣の大学や短大との交流も盛んです。鳩山高校は、地域の方々にとってもなくてはならない学校になります。


  鳩山高校での3年間を通じて自分を成長させ、地域へ、埼玉へ、日本へ、そして世界へはばたいていってほしいと心から願っています。


平成30年4月
埼玉県立鳩山高等学校長 井上 正明



 

日誌

校長の今日の一言 >> 記事詳細

2017/02/20

沖縄への修学旅行

| by:校長
 2月に入り、本校2年生の生徒を沖縄への修学旅行に引率してきました。羽田を飛び立ち、沖縄に向かう空の旅は快適で、9,000mの上空から眺める富士山は、その美しさに生徒たちから思わず歓声があがるほどでした。沖縄の海は、私たち埼玉県民にとって何物にも代えがたいほど美しく生徒の心に深く刻まれたことと思います。 今回の修学旅行の目的は、次の3つです。
 1 平和の尊さを学ぶこと
 2 豊かな沖縄の自然や歴史・文化を学ぶこと
 3 民泊を通じて人とふれ合い豊かな心を育むこと 
 以下、生徒の感想の一部を紹介します。
○美術館での平和学習もしっかり学べました。沖縄が今抱えている問題がわかった気がします。
○マリン体験でこんなにきれいな海に入ったのは初めてでした。きれいなサンゴ礁がたくさんあって、生きている魚と一緒に泳いだのが楽しかったです。
○「ゆいまーる」の歌は4日間ずっと歌っていました。帰ってきてからも頭から離れませんでした。「ゆい」は結ぶ、「まーる」は回るで協力するという意味だそうです。この言葉も忘れないようにしたいです。
○民泊は初めての経験で最初はかなり困惑しましたが、民泊先のお父さん、お母さんがとてもやさしく、もう少し一緒にいたかったです。「いちょりばちょーでー」(一度あったら皆兄弟!)、本当に感謝です。
 4日間を通じて、一回りも二回りも大きく成長した生徒たちです。この成功を胸に、もうすぐ3年生になるという自覚を持ち、進路実現に踏み出してください。期待しています。
15:43